読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dan-matsu-ma

イアラー!

贅肉を捨てよ、町へ出よう(契約編)

本当に私はジムに通う人間を嫌悪していたのだ。「筋肉のためにジムなんて気持ち悪い」と思っていた。健康のために通う人が大多数であろうことは無視し、ただ悪意だけをもって見つめていた。 はじめは、ただ自らが為しえないことに対する羨望からくる嫉妬だっ…

第一三共ヘルスケア 「トラフルダイレクト」 利用者のレビュー ★★★★★(5.0/5 27歳男性)

もうすべてがつらいんです、と彼女は言った。 三大欲とは性欲・食欲・睡眠欲と言われる。生存本能から生まれる三つの欲。それを満たすことで快感が生まれる。種の存続のために必要な快楽である。動物を形成する欲であり、動物の根本とも言えるだろう。 口内…

季節はとつぜんにすぎさり

ああもう冬かあ、いやまだ冬やないやろ、いくらなんでもまだ秋やろ、という薄ら寒い一人ノリツッコミを、もう何年くりかえしただろうか。 今年もサッポロビールより冬物語が発売された。例年に違わず、まだ10月だというのに。毎年、このビールを見つけるたび…

ビールとビールもどき

私にとってはビールではなかった。しかし、私にとってこそビールであった。 田村正和は傲慢だなあ、とずっと思っていたのだ。あのCMに出ているすべての俳優女優に対して思っていたのだ。「私にはビールです」と彼らが日本全国に向けて恥ずかしげもなくほざけ…

丸い鯛焼きのはなし

鯛焼きには尻尾まで餡子が詰まっていたほうがいい、当然であろう。尻尾に餡子が詰まっていないほうが好きな人なぞいるのだろうか。いや、餡子が不得意ならばそれもありうるだろうが、そういう人々は鯛焼き自体があまり好きではないだろう。私は鯛焼きを愛す…

でんきあんかとわたし

別れの季節だ。 冷え性の辛さは冷え性にしかわかるまい。手足が冷える、という一言では片付けられない闇があるのだ。いくら厚着をしても、手足だけが水に漬かっているような冷たさ。靴下を履いても手袋をつけてもおさまるものではない、内側から冷えているの…